あなたの街の歯科医院をご紹介する総合サイト

みんなのデンタルクリニック

デンタルQ&A

Q1.治療した歯も再び虫歯になりますか?

A1.詰め物や被せ物の境目に隙間ができたり、噛み合わせの部分がすり減って穴があいたり、歯が欠けてしまった場所から虫歯になる場合があります。また、歯と詰め物を固定している接着剤が唾液で溶けたり、咬む力で詰め物が崩壊したり、弛んで外れたり、歯周病で歯肉が下がって被せ物の境目が露出することによって虫歯になる場合もあります。

Q2.毎食後歯を磨いているのに虫歯ができてしまいます。

A2.虫歯は磨きにくい部分に出来きやすいので、例えば歯と歯の間の清掃にはフロスを使うことも大切です。その他にも以下のような原因が考えられます。
・口呼吸などで口の中が乾燥していたり、唾液の分泌量が少ないため歯の洗浄機能が働いていない。
・砂糖が原料の飴やガム、飲み物が好き。
・ダイエットや逆に食べすぎなどで栄養バランスが崩れている。
・歯の質がもろい。

Q3.タバコも歯の健康にも影響ありますか?

A3.タバコに含まれるニコチンには、末梢血管を収縮させる作用があります。血管が収縮すると歯肉への酸素の供給量が減少し、栄養不足の状態になるため歯周病にかかりやすくなります。また、細菌を殺す白血球の機能が低下して、歯肉の病気を悪化させます。

Q4.キシリトールは歯に良いのですか?

A4.キシリトールは野菜や果実に含まれる天然の甘味料で、砂糖と同じくらいの甘さがありますが、細菌は歯を溶かす酸をつくれません。キシリトールのカロリーは砂糖の1/4ほどです。また、エナメル質の再活性化にも効果があると言われています。

Q5.歯ブラシの良い選び方は?

A5.歯ブラシは、年齢、歯並びや磨く場所を考えて、使いやすいものを選ぶことが大切です。ヘッドの小さい歯ブラシは、口の中で動かしやすく、歯を一本一本丁寧に磨くことができ、奥歯まで歯ブラシが届くため磨き残しを減らせます。細いネックの歯ブラシは、歯の裏側を磨くとき手前の歯にぶつかりにくく、楽に磨けます。毛の硬さはしなりがあり復元力のあるものが良いです。材質はナイロン毛が乾燥も早くお勧めです。

Q6.歯の磨き方のポイントを教えてください。

A6.歯磨きの目的は虫歯や歯周病の原因となる歯垢を落とすことです。垢がたまりやすい歯と歯の間や、歯と歯肉の境目をみがき残しが無いように、歯ブラシを直角に当てて、小刻みに前後に磨きます。大きく強く動かすと、歯と歯肉、歯と歯の境目に毛先が入らず、良く磨けないだけでなく歯ぐきを痛めてしまいます。また、歯ブラシは1カ月に1度取り替えることをお勧めします。1カ月以内に毛先が開いてしまう場合は、磨く時に力が入り過ぎていると思われます。歯と歯の間は、デンタルフロスや歯間ブラシなどを用いると磨き残しの解消ができます。

Q7.保険で何でも治療できますか?

A7.保険では、使える材料や治療法があらかじめ決められています。一般的な歯科治療に関してはほとんどの治療に対して保険が使えますが、より質の良い材料や高度な治療を求める場合(変色しないセラミック、インプラント、金属の入れ歯など)には、保険がきかないことが多くなります。また、ホワイトニング、矯正など見た目や予防に関する治療は基本的に保険は適用されません。

Q8.前歯の治療に保険は使えますか?

A8.前歯でも保険で治療をすることができます。ただし、歯材は「硬質レジン」というものになります。いわゆる「プラスチック」で、時間が経つと変色します。変色しないセラミックなどを使った治療の場合には、保険適用外になります。

Q9.保険証を忘れた場合は?

A9.歯科医院で保険証を忘れてしまっても、受信はできます。2年間は保険請求が出来るため、支払いは一旦全額自己負担で、次回保険証を持参した際に前回の保険給付分を払い戻す形式をとる場合があります。ただ歯科医院によって対応が違うので注意が必要です。

Q9.インプラントとは何ですか?

A9.手術で歯の抜けた顎の骨に人工の歯根(インプラント体)を植えて、それに人工歯を取り付ける治療です。保険適用外で費用がかかることや、抜歯程度とはいえ手術が必要となるなど、まだまだ馴染みが薄いですが、治療後は入れ歯やブリッジと比較して違和感が少ない、噛みやすい、見た目が自然、耐久性がある、といった点で注目されている治療法です。

今すぐ専門家を探す

歯の治療に強い専門家をPICK UP!!

歯の治療に強い専門家を「みんなのデンタルクリニック」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

はじめての顧問税理士 Q&A QRコード