あなたの街の歯科医院をご紹介する総合サイト

みんなのデンタルクリニック

虫歯の症状

歯垢の中の細菌が作り出す酸によってエナメル質の表面が溶け出して、虫歯になりやすい状態になります。この時点では治療の必要はほとんどなく、フッ素を塗ったり歯ブラシで歯を磨くことで元に戻る可能性があります。そのまま放置してしまい、症状が悪化してエナメル質、象牙質などの歯質が虫歯に侵食されると、再石灰化して自然に回復することがないため、虫歯の穴を埋めて修復するなどの歯科治療が必要になります。さらに悪化すると細菌が歯の神経にまで達する場合があり、歯の神経を抜く治療が必要になります。歯の根の先まで虫歯が進んだ場合、根の先が化膿していることが多くあり、噛んだときに痛く、治療は困難となります。

○虫歯の進行度

C0

酸によってエナメル質が溶け出し、歯の透明感が無くなっている状態です。自覚症状はなく、穴も出来ていません。歯磨きによって元の健康な状態に戻すことが出来ます。

C1…エナメル質の虫歯

エナメル質が溶けて浅い穴が出来た状態です。奥歯の噛み合わせの溝の部分や歯と歯の間に起こりやすいのですが、まだ痛みはありません。治療では虫歯部分を取り除いて樹脂や金属を埋めます。麻酔を使うことはほとんどありません。

C2…象牙質の虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質の部分にまで進行した状態で、甘いものや冷たいものが染みるようになります。治療には麻酔が使われる事もあり、虫歯の部分を取り除いた後に金属や樹脂をつめて治療します。

C3…歯髄炎

虫歯が象牙質を破壊し、歯髄(歯の神経)にまで達した状態で、激しい痛みを伴う場合もあります。激しい痛みを通り過ぎると痛みは無くなりますが、それは歯髄が完全に死んでしまうためであり、今度は歯根膜という歯の外にまで虫歯が侵食する為、さらに激しい痛みを伴います。虫歯による歯の欠損が大きいため、歯の神経を取り、最終的に金属などで被せる治療やさし歯を用いる事も多いため、完治まで時間がかかります。

C4…歯根の虫歯

虫歯によって歯の上の大部分が崩壊してしまった状態で歯根の先にウミの袋ができる場合があります。歯を残す事は難しく、歯を抜く場合もあります。歯を抜いた後、傷痕が消えるまで最終的な治療にかかれないため、治療期間は長くなる場合があります。

今すぐ専門家を探す

歯の治療に強い専門家をPICK UP!!

歯の治療に強い専門家を「みんなのデンタルクリニック」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

はじめての顧問税理士 Q&A QRコード